2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2002〜2007年度(旧HP)

●10/10/29-31 日中韓国際ランドスケープ専門家会議・シンポジウム
10月29~31日本造園学会、中国風景園林学会、韓国造景学会の主催により、横浜市開港記念会館で開かれた「第12回日中韓国際ランドスケープ専門家会議・シンポジウム」で、柘植研究室のドクター2年の朴知賢が「A Study on Placeness by Sequence of Spatial Structure in Oku Property(奥性) - Focused on Japanese stroll garden 」というタイトルで論文発表を行いました。本年は「次世代のランドスケープ-「温故知新」~風土に根ざした市民のランドスケープ~」をテーマとして、朴知賢はサブテーマ「地域の価値を高めるランドスケープ」で採用された論文であります。



●10/09/17-10/07 ソウルデザインフェアへの出展
9月17日から10月7日までの期間、韓国ソウルにて「ソウル・デザイン・フェア」が行われました。今年で第3回目となるこのイベントに、今年は柘植研究室として、2つのプロジェクトを出展しました。このイベントは「すべてにデザインを」をテーマに開催され、経済、参加、教育の3部門で組織される44の行事が展開されました。ゼミ旅行では全員で会場に足を運びましたが、大きなオリンピック会場での大規模な展示はとても圧倒的で、刺激的なデザインのものをたくさん見ることができました。



●10/09/26-30 韓国ゼミ旅行
去年は信州長野でしたが、今年は海外韓国へ飛び出しました。4泊5日の旅、2010年度のゼミ旅行です。韓国の伝統的な文化が色濃く残る北村から、2005年にオープンした1日10万人もの人々が訪れる清渓川、柘植研究室からも出展したソウルデザインフェアー2010、韓国の人の日常が垣間見れる密々とした南大門市場など、柘植研的にも見所一杯の旅でした。柘植研では過去に訪れたことのある韓国ですが、今年は博士過程の朴さんの全面的なサポートと、事前準備や旅中の案内に奔走してくれた企画部の協力により、5日間の旅も無事終えることができました。



●10/06/19 西沢さんゼミ
今年は博士過程の西沢さんによる絵ゼミをやっています。今回は天気がとてもよかったので外に出て語らいの森でスケッチをしました。改めてスケッチをするとなるとみんな戸惑い気味です。 西沢さんにアドバスをもらいながら一時間で三枚のスケッチを描く事を目標に取り組みました。絵は上手さだけではなくスピードも重要ということを実感しました。回数を重ねるごとに 上達していけるよう皆で練習をしていきます!



●10/05/25 西橋本プロジェクト キックオフ
今年研究室で取り組んでいる2つのプロジェクトのうち、西橋本プロジェクトのキックオフミーティングが現地橋本で行われました。 現地調査も含めて千葉からはるばる橋本へ。今回のプロジェクトは西橋本にあるラ・フロールという商業施設に対する提案を行ないます。 物が売れなくなってきている今の時代…商業施設はこれからどのように継続させていけばよいのか。ハードとしての施設デザインだけでなく、長期的な視点で 施設の在り方を考え、周辺環境とのつながりを重視した提案をしていこうという方針です。キーワードは非商業・福祉・医療・緑化です。



●10/04/05 柘植研究室4年の奥迫萌 都市環境システム学科において卒業計画優秀賞を授賞!!
柘植研究室4年の奥迫萌が都市環境システム学科の卒業計画優秀賞を受賞しました。 受賞後は、 千葉県建築学生賞協議会(千葉県建築家協会/社団法人 千葉県建築士事務所協会/社団法人 千葉県建築士会/社団法人 日本建築学会 関東支部千葉支所)主催による 「第22回 千葉県建築学生賞」に出展。発表審査をへて以下の2賞を受賞しました。 •特別賞 •特別審査員賞(今回の特別審査委員は写真家の大橋富夫氏) 2賞同時受賞は珍しいとのことです! また秋に東京国際 フォーラムで予定されている全国大会への出展が決 まりました。過去の柘植研究室からは鈴木佳奈さんが建築学会会長仙田満賞を受 賞しています。 この大会にも期待したいところですね!